上杉流 30日間育成トレーニングメソッド 実践者1400名突破!!

2016年6月募集:先着30名様⇒残り2名様

まず始めに、1点だけお伝えしておきたいことがございます。

今回、私がこのような行動に踏み出したのには
ちゃんとした理由があります。


巷で出回っている他の商材でよく目にするような
再販前のものと何ら変わりのない、
よくありがちな、ただの“再販活動”とはワケが違います。


大幅なバージョンアップを実施した上で“再販”を決定したため

・すでに当プログラムにご参加いただいている方

・今回の再販を機に、新たに当プログラムに参加される方

どちらのお客様にとってもメリットとなる要素をちゃんと用意してあります。


その証拠として、まずはこちらをご覧ください。



私自身がこれまで行ってきたトレード結果を開示し、
更には、実際に現在も使用しているアカウントの口座残高を証明する
生のキャプチャ画像。


自分の実績が一切嘘偽りがないものであることを証明するための
データはすべて出し尽くしました。

だからこそ、今回のこのタイミングで
私が公開する“手法”を手にされたプログラム参加者様の
実績までをも公開しようという行動に踏み切ったわけです...。


もし、この販売ページ内で開示しているデータ以外にも
私が公開する実績が偽りのないものであるということを証明するものが
他にもあるという声があがるのであれば、
いつでも追加で掲載していくつもりですのでご連絡頂ければと思います。




幸い、向上心もあり積極的に実践に移られている
プログラム参加者様も現在では数百名単位にまで膨れ上がっており、

当プログラム募集開始となった初期のタイミングで
一部のプログラム参加者様に協力依頼の呼びかけを行ったところ..

『一部の個人情報を開示したうえで、
 30日間の実践結果のデータを公開しても構いません』


というご返答をいただくことができたことら、

その中で一定条件をクリアされた方に、
自らの実践課程を証明するデータの保管をお願いしておりました。


“手法”を提供する私だけの実績や証拠画像を掲載するのではなく、
実際に当プログラムに参加いただいている方の、
実践結果を証明するデータ一式を新たに公開することにより

“上杉流 30日間育成トレーニングメソッド ”が、
皆様にとってどれだけの価値を見出すプログラムなのかを証明するための
貴重な“参考資料”となると判断したうえでの行動です。




こちらの方々は、2014年のよりご参加を頂いている方々ですが
昨年末にデータを提出頂いたところ
現在でもこのように結果を残されていることが確認できました。

各プログラム参加者様の都合もあるため、
取引単価まで固定することはできはいないものの、
計5名の通算平均勝率も67.2%ということで
初月の実践ということを考慮すれば申し分のない結果だと評価しております。

※前回データ提出依頼時より0.3%増


今回私の呼びかけにご協力いただいた、
上記5名のプログラム参加者様全員が今現在もプラス収支であることに対して、

『正直、ホッとしたという気持ち』
『私が公開する手法が今でも有効であるという確信』
同時に芽生え、更なる自信を持って
この場に立ちプログラム運営を行うことができております。


これまで、私自身が公の場に出るようなこともほぼなかったため
まだ私の事をご存じでない方もきっと多いはずです。


今回、期間限定で募集を呼びかけている
“上杉流 30日間育成トレーニングメソッド”がどれだけ再現性に優れ
確かな結果を得られるプログラムなのかということを
このページを通じて皆様にお伝えできればと思います。




ご挨拶が遅れましたが、上杉守と申します。

都内在住で年齢は今年で46歳になります。

私が今の生活環境を手に入れることができたのも、
およそ二年という年月を費やし苦労を重ね
ようやく導き出したものであり、
何も元から裕福な生活を送っているわけではありません...。


今から7年前までに遡ると..

大変お恥ずかしい話なのですが、
これまでにありとあらゆる情報に惑わされ

ネットビジネス全般、投資、ギャンブルなど
一通りのジャンルの情報商材を買い漁り、
気が付けばただの商材コレクターだったという苦い過去があります。






購入代金をトータルすると優に200万円を超えます。


今考えてみると、
なぜもっと早い段階で歯止めが利かなかったのか
自分でもまったくと言っていいほど理解できません...。

このように数々のネットビジネスで挫折を繰り返し、
気付いた頃には情報商材コレクターみたいな生活を5年間も続けていた...。

そんなお金を溝に捨てるような生活からやっとの想いで卒業し
今ではトレーダー歴も2年が経過し、ようやく3年目を迎えるわけですが
およそ7年間かけて、たった1つの答えに辿り着いたわけです。



ずばり、


実践する手法選びを行ううえで最も重要なのは、
情報発信元の“品質レベル”の見極めが正確にできるかできないか、
(その情報が“本物”or“偽物”どちらなのかを見極める判断力)


それに加え、実践者当人の“集中力と継続力”で賄える手法であるかどうか。


これまであなたが行ってきた“手法選び”の基準と、
あなた自身のビジネスに対する取り組む姿勢を
冷静に振り返って頂けると分かりやすいかもしれません。





このQ1〜Q3の3つの全ての問いかけに対して、
自信を持って『YES』と言い切れる方は、
すでに“成功者”の仲間入りをしているはずです。

仮に、3つの全ての問いかけに対して
心の中で『YES』と答えたものの未だに結果が伴ってないとするならば、
あなたは、どこかで誤った判断をしてしまっていることになります。

その原因が、“あなた”にあるのか
“情報提供者”のどちらにあるのかまでは分かりません。



ただ、Q3の問いかけに対して『YES』と答えていながらも
全く実践結果が伴っていないような方は、
自分が気づかぬうちに相手方に、
“洗脳されている”もしくは“騙されている”ようなケースが大半です。



当時、もがき苦しんだ私もそうでしたが
このポイントを冷静に分析できないうちは、
結果がついてこない可能性が極めて高いと考えた方が身の為です。

だからこそ、当プログラムの詳しい詳細をご案内する前に
まずは『現在のあなたの状況』を冷静に自己分析していただきたく
このような問いかけをさせていただきました。


今回私が提供させていただくプログラムは、
プログラム参加者様の実践環境を第一に考えております。


そのために、可能な限りの準備を整えてきたつもりです。





この2つの条件を固くお約束いただける方のみ、
この先を読み進めてください。






私が今回の“上杉流 30日間育成トレーニングメソッド”の立案者でもあり
当プログラム全体の責任者を務めさせていただきます。


当プログラムの趣旨としましては、
プログラム名そのままなので、すでにご察しかと思いますが、

私がおよそ二年という年月をかけて導き出した、
“トレード手法”を30日間かけて身に付けてもらい


“成功者”すなわち“稼げるトレーダー”へと
育成していくために立ち上げたプログラムになります。


もっと分かりやすく言うと、
“30日間で1人前のトレーダー”に育て上げるためのプログラムなのです。


従って、仮にあなたを30日間で稼がせることができなかった場合は
この私が全責任を負う形になります。

それだけの覚悟がなければ、
『あなたの貴重な時間を私に託してください。』
なんて言葉を、口にすることはできません。



冒頭にもありますように..

今回のプログラムで成果をあげていただくために
私が提示する参加条件はただ1つ。






たったそれだけで、あなたを稼がせる準備が全て整います。


これは決して大袈裟な表現を用いているわけでもなく、
ありのままをご説明させていただいております。


1日20分で完結させることを可能にするために、
私がおよそ二年かけて導き出した
オリジナルの“手法”“ツール”を組み合わせた結果、

時間の短縮化が実現した“トレードスタイル”であって、
本来であれば1日20分で完結させることができるほど
決して甘い市場ではありません。


また、1日20分というトレード時間は
あくまで当プログラムの目標を達成するために必要な
最低ラインの時間なわけで何も1日20分しか実践できないような
手法を公開するわけではございませんのでその点はどうぞご安心ください。




“上杉流 30日間育成トレーニングメソッド”では、
初期投資額の縛りなども特にございません。


つまり、当プログラムに参加するあなたが毎月どれくらいの収益を求めるのか?

それによってスタート時に必要な資金額が異なってきます。

一取引単価を固定した場合を例に挙げると分かり易いかもしれません。





私の場合は、スタート時から継続して一取引単価を10,000円に固定し
日々トレードを繰り返していたので、
1ヶ月あたりの合計収支額が880,000円という結果になったわけです。


これだけの収益を獲得するのに、
1日20分程度という極わずかな時間しか要さないわけで、
そこから獲得できるであろう収益額を時給換算すると
稀に見る“トレード手法”であるということを十分ご理解頂けるはずです。



これも、よくありがちな一昔前まで通用した手法を
いざ通用しなくなった今のタイミングで公開しているわけでもなく..

2014年2月〜1ヶ月間分の取引データをベースに計算したものになりますので、
現在も手法の有効性についても全く影響ない手法であるということを
証明するに相応しい“生のデータ”だと言えます。





















上記のデータは、加工してオリジナルで作成したものでもなく
現在私が利用している業者のマイアカウントからそのまま抜き出してきたものです。



従って、すでにバイナリーオプションを実践中で国内、海外問わず
マイアカウントをお持ちの方であれば、
実際に私が取引したありのままのデータであるということが
一瞬でお分かりいただけるはずです。



もし、ここまでのデータを開示しても
いまいち信用できない..という方もいらっしゃるかと思いますので、
更に確信に迫るデータをお見せしましょう!







アカウントネームと口座残高の部分をご覧ください。


私のマイアカウントであることを証明するために、
アカウントネームが載っている部分のキャプチャ画像も用意しました。



上杉守と記されていますよね。



またこれに合わせて2月28日時点のものと5月31日迄の
口座残高を証明するキャプチャ画像も掲載しておきます。




おそらくこの口座残高の金額を目にして、
すでにバイナリーオプション歴がそれなりに長くある程度の実績を
出せれているようなトレーダーさんからすると、


『大した額稼いでないじゃん...。』

『仮に毎月880,000円ペースで収益を上げているなら、
口座残高も優に1000万円を超えてないと計算が合わないじゃないのか?』



きっと、そんな疑問をお持ちになられたでしょうし
そのように疑われても仕方ないというか当然だと思います。


ただ、これにもちゃんとした理由があり..


こちらのページでは、1社分のみの実績しか掲載しておりませんが
実際は複数の業者を使い分けながらトレードしてきました。


この事実がお分かりいただければ、
僅か一年足らずで10,000円を投入した元手が1社分のみの実績として、
5月31日の時点で口座残高が7,171,370円にまで膨れ上がっているわけですから
妥当な数字と受け取っていただけるのではないでしょうか。




これまでに、24Option、ミリオネアオプション、トレードラッシュなどの
海外業者を利用していましたが、結局のところは、
どれだけ勝率が高い手法をあなたが手にしたとしても
利用する業者のスペックによって毎トレードにおける期待値は大きく異なります。


このように、あなたが実践する手法によって
どこの業者を利用するのがベストなのか、その判断基準も変わってくるわけです。




また、私の手法は特定の業者のみでしか通用しないものではございませんので
あなたが理想とする業者の条件さえ教えて頂ければ、
実践前に最も適した業者をご紹介させていただきますのでご安心ください。



これは投資市場に参入するにあたり、
必ず理解しておかなければならない重要のことです。

それは、




たとえ一人一人の資金が数万円単位だったとしても、
単一の取引ルールを数千人単位の人間が用いればその兆候は市場に現れます。


ある決まったタイミングで値動きがあれば、
その値動きのタイミングから取引ルールは即座にバレてしまいます。


断言まではできませんが、
数千人単位の人間が同じアクションを起こし
継続的に利益を獲得し続けるようなことがあるとするならば、
業者側に対策を打たれるのも時間の問題だと考えておいた方が良いでしょう。

取引ルールとは常にこういった計算できないリスクに晒されています。


例え、初公開のノウハウであろうとツール系であろうと
この性からは逃れられません。

つまり、あなたがよく目にするような魅力的な言葉を
ひたすら並び立てた勧誘的なWebページ(セールスページ)でも同じです。


このような言い方をすると語弊があるかもしれませんが、
取引ルールとはその程度のものなのです。

投資で一時的に目標を達成するための戦略の一部分に過ぎません。




それが成功への一番の近道だと私は考え、日々の投資生活を送っています。





特定の“手法”だけを提供する多くのWebページでは、
その手法があたかも永遠に有効であるかのように宣伝しています。


本来、投資という市場で結果を出し続けるには、
その“手法”の有効期限までをちゃんと理解しておくべきです。


あなたがその“手法”を手にするタイミング、
実践するタイミングが非常に重要な鍵を握っているということ。

まさに、その“手法”“鮮度が命”なのです。






まずはあなたに、いつまでにいくら稼ぐという目標を定めてもらい
その目標に適した手法を私が提供するという、
第一関門を突破するための投資スキームを提供し
あなたを一定期間稼がせるということであれば容易に実現できるということです。



そして、それこそが私の提供する





すでに、ここまでの説明だけでも
私が短期決戦にこだわる“本当の意味”をご理解頂けたのではないでしょうか。



バイナリーオプション取引とは、
2009年に登場した歴史の浅い投資商品なのですが、
今までの他の投資商品にはなかったような、
投資家に対する多くのメリットをもたらすものとして
日本でも多くのユーザー数を抱える投資商品です。


すでにバイナリーユーザーの方であれば大半の方がご存じかと思いますが、
昨年、日本内国で実施された規制に伴い、
国内業者を利用していたバイナリーユーザーは大打撃を受けられたはずです。


短期オプションの禁止、ハイ&ロー(high/low)の禁止など
短時間で大きく稼ぐという、本来のバイナリーオプションの利点を
完全に塞がれる形となり、この規制がきっかけで
食い扶持を失う形となった大勢の国内バイナリーユーザーが存在します。


そんな中、私は一切ダメージを受けずに済みました。


と言いますのも..


我が国、日本では“賭博を巡る利権”の問題がある以上
バイナリーオプションに規制が入るのも時間の問題だということに
始めから気付いていたため、この流れはむしろ私の想定範囲内の出来事でした。

この規制後は、海外業者への移行の動きが活発化していましたが
何せ私の場合は二年前から海外業者を利用していたので、
トレード環境も何一つ変わることもありませんでした。


これは、被害に遭われた方に対しての嫌味でもなければ自慢話でもありません。


ただ、あなたが作り上げたトレード環境が
“正解”だったのか“不正解”だったのかを、
冷静に見つめ直していただきたかっただけです。


先ほどの繰り返しになってしまいますが..





つまり、国内規制で被害を受けた方はこの配慮が足りなかったわけです。


もっと言えば、正しい方向に進むために必要になる
“人脈情報”の質が悪かったという答えに辿り着きます。





あまり過去に遡った話をしすぎても暗い話になってしまうと思うので、
本来のバイナリーオプションのメリットについて話を進めていくことにします。


すでにお伝えしてあるようにバイナリーオプションとは、
より投資家にメリットを与えるために登場した投資商品です。

現在も新たな取引の仕組みが加わっていますが、
基本的な構造はとてもシンプルです。

為替や各国の株、先物などを含むデリバティブ商品など
すでに値の存在する投資商品の値動きを予想する。
たったこれだけのシンプルな投資商品なのです。


単純に定められた時間、例えば今のドル/円の相場よりも
1時間後のドル/円の値段が“上がる”“下がる”かを予想する。
といったようなものです。


ドル/円の今の値段。
例えば119円よりも1時間後のドル/円の値段が、




すなわち、二者択一の予想が当たれば掛け金に対する
決まったリターン率を得ることができ
外れれば掛け金を失うというシンプルな取引です。


そして、バイナリーオプション取引のメリットは
目に見える取引のシンプルさだけではありません。





もちろん、この他にもバイナリーオプション取引のメリットは存在します。

しかし、これだけのメリットとなるポイントを把握できておけば十分です。

期間に対しての目標(数字)を設定する必要があり、
その目標に対して最大限リスクの少ない市場であることから
当ブログラムの開催を決断できたのです。






これまで再三ご説明してきた内容となりますが、
このプログラムに参加していただく場合、
あなたが抱えることになるのは1日20分間という時間的リスクです。



この20分という時間は、
バイナリーオプション初心者及び未経験の方などでも
問題なくトレードに集中していただけるように
予めゆとりをもった時間枠で設定させていただいております。

従って、すでにトレード歴がある程度長い方であれば
日々の作業が5分〜15分で完結してしまうくらいシンプルな手法です。

今回私が公開する手法はトレードする時間帯に縛りなどもないので、
昼の時間帯にトレードしようが、夜の時間帯にトレードしようが、全てあなたの自由です。


同時に1日あたりのトレード回数やトレードできる時間にも制限はないので、
1日20分間とは言わず、3時間でも5時間でも実践可能な手法になります。



ただ、あくまでも私が推奨するのが、




その大きな理由は、この手法を実践していただくうえで
『あなたの集中力がどれだけ持つか』という点においては
人それぞれの個人差が生じるもので“手法”そのものの有効性に
大きな影響を及ぼしかねないからです。




今回の手法は、“一瞬のタイミングを勝利に繋げる”ものであり
購入の際にスピードを要するトレード手法となるため、
本来であれば長時間トレードするにはあまり向かない手法なのです




“1日20分で最高のパフォーマンスを誇る手法”
だという確信があるからこそ言えることなのですが、

“1日20分”という限られた時間内でとにかく集中力を切らすことなく
ただひたすら“一瞬のチャンス”を見逃さないというトレードスタイルを
1日でも早く確立することに徹してみてください。



応用編に取り掛かるのは基盤ができてからの話です。




では、実際にあなたに提供する
トレード手法についてお話しさせて頂きます。

まず、冒頭でもお話しした通りこの手法は
私自身のオリジナルの手法に加え
あるツールとの組み合わせによって成り立っています。


“組み合わせ”と聞くと、
少々難しそうな印象を受けるかもしれませんが、
結果的にあなたがエントリーを行うにあたってすべきことは

ツールで表示されるサインに従って、
5つの決められたパターンに当てはめてエントリーするだけです。




もう少し具体的に説明します。


まず、ある “ツール”というのは何を隠そうMT4です。

そのMT4にあるインディケーターを設定(カスタマイズ)します。


これで、ツールは完成です。


その上で、カスタマイズしたMT4に表示される
レートを基にサインとなるべく箇所を見定め(これも具体的にルール化されています)、
エントリーポイントになったら、それぞれ決められたエントリールールに沿って
決められた方向へエントリーを行っていくのみとなります。



あなたが行うべきことは




たったこれだけのことなのです。


重要となるのは、





この2つのみで、言って見れば
その場のチャートをこの3つのポイント、
5つのルールにただ単にパズルのように当てはめて、
エントリーしていくだけとなります。


ですから、極端な話しでもなんでもなく
エントリーに際して一切裁量となるような要素は何もなく
頭を使わずともただルール通りに
機械的に取引を繰り返すだでけなのす。



ただ、1日20分という時間の意味を説明した通り
この手法に必要になるのは集中力です。


一瞬のチャンスをものにするためには
3つのエントリーポイントと5つのエントリールールを
頭の中に叩き込み、瞬時に判断することが重要です。


ですから、正直に話せば個々の判断能力に左右されるものとも言えます。



しかし、そのような要素があるにも関わらず
今こうして堂々とこの手法について解説しあなたに伝えることができるのは、
誰にでも簡単に覚えられるルールであり多少の判断能力の差が生じたとしても
天と地の差になるようなものでは一切ないからこそです。



それを理解して頂くためにも、“今”ここでそのルールをお教えします。




如何でしょうか?


このルールは実際にあなたにお渡しするマニュアルに
記載したのと同じものとなります。


さすがに、ここで伏字部分に何が入るのかを
申し上げることはできませんが、

それぞれ6つの判断要素しか存在しないことに加え、
全てのルールが明確に決まっています。



勿論、それでも覚えるのに個々に差が出るだろうと
思う方もいるかもしれませんが、少なからず、
一般的に見て、覚える事が難しいと呼べるものでしょうか?

恐らく、これくらいだったら私でもできる…
と感じて頂けたはずです。

ですから、他人がこのルールを覚えられるかどうかは抜きにして
あなた自身がこのルールを覚える事ができると判断したならば
実践において、何ら弊害となるものはないのです。



たったこれだけのルールを踏まえた上で
チャンスを逃さないために一回一回の取引に集中する・・・
それだけを徹底してもらえれば問題ありません。


あなたに必要なのは“1日20分”決められたルールを守り
トレードだけに集中していただくだけで自然と結果が付いてくることを
ご理解いただけたはずです。


その上で、私自身が“1日20分”のトレードから
1ヶ月間で獲得した収益とその実績をご確認ください。




















取引時間に縛りはありませんし、取引回数にも縛りはありません。

また取引金額にも縛りはありませんから、
上記のルールと集中力だけ守り、思う存分取引して頂くだけです。






まず今一度、当プログラムを通して
あなたに達成してもらわなければならないことから整理していきたいと思います。




私がおよそ二年という年月をかけて導き出した、
“トレード手法”を30日間かけて身に付けてもらい
“30日間で1人前のトレーダー”に育ってもらわなければなりません。

すなわち、まずはあなたに稼いでもらわないことには
本来私が目的とする環境をを作り上げることさえできないわけです。



つまりどういうことかと言うと、
当プログラムを通じて“将来的な未来のパートナー”を求めています。



すでに投資で生計を立てておられる方であれば、
“投資市場”というものがフェアでないということをご存じのはずです。


ここでご確認頂きたいのは、投資市場のアンフェアではなく
そもそも“資本主義という社会システムがフェアでない”ということ。


自分の周りに存在する“成功者”。

すでに投資で生計を立てることを実現させている“成功者”。


そんな“成功者”に共通するポイントとは何なのか?と
冷静に考えてみたときに2つの共通点が浮かび上がってきます...。



それは、『人脈と情報』です。

これ以外のなにものでもなく決して個人の能力ではありません。


人脈や情報が資本を生み、
その資本を元にまた新たな人脈と情報を得る。


世の中は、このループで回り続けているのです。


私も幸いなことに、投資で生計を立てそれなりの資本を持つ立場としては
そんな“彼ら” と同等の立場にあります。

つまりは、“価値のある情報”をまずは私からあたなに提供し
私自身の将来の利益のために、まずはあたなに稼いでもらい
フェアで対等な付き合いからより多くの情報交換(共有)を行い
そこから大きな利益を得たいというのが本来の目的なのです。






人間関係においてお互いに何かを得るためには、
必ずどちらかが先にアクションを起こす必要があります。

世間一般では、ビジネス用語として“WIN×WIN”なんて言葉を口癖のように
使うような人があまりにも多いため、
きっとあなたも耳にしたことのある言葉だと思いますが..

私からすると、この言葉を有言実行するために日々の行動に
移せている人なんてほんの一握りだと感じとっています。



本当に“WIN×WIN”という言葉の意味を理解して使っているのか?
とさえ疑ってしまうほどです。


要するに世の中の大半の人間が、
自分の利益しか考えずに行動してしまっているため
その結果として、まともな人間関係を築くことさえできず、
いつまでも中途半端な情報交換や駆け引きに時間を費やしてしまっているわけです。



それでは、なぜ“WIN×WIN”の関係を築けないままなのかというと
これも至ってシンプルなことが原因で、
お互いが“成功者”になりきれていない中で
情報交換をしているため意識的か無意識的なのか、
どちらかはさておき、包み隠さずに自らの情報を共有する行為を恐れているのです。


要するに精神的な“ゆとり”・“余裕”がないのです...。

自分より先に稼がれることを避けたがり、
自分より良い生活環境を手に入れられることを良く思わない。

つまり、根本的に“ひがみ”や“妬み”の気持ちが強いわけです。


もしかすると、今の私の発言で不快な想いをさせてしまったかもしれませんが、
試しに今までの人間関係を思い返してみてください...。

おそらく大体がこのケースに当てはまるはずです。


素直に心の底から“WIN×WIN”の関係を築こうと考えているのならば、
ここで例に挙げたような相手に対して
どれだけ真剣に向き合っても時間の無駄にしかなりません。


これも現実です。


すでに成功しているという今の私の立場があるからこそ、
自分の次のステップ(目標)を1日でも早く実現させるべく
今回の当プログラムで“まずはあなたに成功を与える”ために
自らが先にアクションを起こしたわけです。


成功”を味わい、継続的に稼ぐことを目的とする
“成功者たち”の立場からすれば、
この行為も最低限の礼儀(マナー)だという認識でいるはずです。









今回の再募集(2016年6月分)の定員数は先着30名とさせていただきます。


前回のプログラム募集期間終了後に、 数多く寄せられた再販リクエストのメールの中には、

『あまりにも募集期間が短すぎたため気付かなかった』

『短期募集なら、せめてあともう一度だけチャンスをください』

といった、半クレームに近いお声を頂いたこともあり
プログラムの進行状況も至ってスムーズであることから
今回、短期間限定での“再募集”を決断しました。


これまでに再三説明してきたことですが、
当プログラムを通じてあなたには“30日間で1人前のトレーダー”に
育ってもらわないことには第一関門すら突破できないわけで、
60日も90日も数ヶ月に渡って募集を継続するような理由がありません。


このような判断に至ったのも、
本来のプログラムの趣旨(30日間という期間内に利益を得てもらう)を考えた時に
募集期間を長期設けることでお互いにとってプラスに働く要素がないどころか、
ある意味リスクを抱える可能性が出てくると考えたからです。



あまりにも大勢の参加者様を抱えてしまうことで、
アフターサービスの“質”を落とし兼ねないという点がまず頭に浮かびました。


つまり十分なメール応対サービスが難しくなるということです。

この懸念点も、募集形態を定員制にすることで
そのようなリスクも最小限に抑えられるという判断から
決定したのが今回の募集期間となります。


私自身も当プログラムの募集期間中は、
自らのトレードに割く時間は二の次だと考えていますし
あなたが結果を出すまでの“30日間”は徹底して付き添う覚悟でいます。


ですので、私が本来の“トレードスタイル”に戻るのは
プログラム参加者様を稼がせたという実績が出た後からの話です。






“30日間”という限られた期間の中でとことん結果にこだわり
プログラム参加者様と着実に一歩ずつ前進していくために、

“万全のサポート体制”を整え、
更には“豪華参加特典”をご用意させていただきました。


確固たる実績証拠を開示したうえで、
公開する“手法”ということで私自身も当プログラム参加者様を
稼がせる自信がありますし、マニュアル構成にもかなり手応えを感じています。


市場の動向に合わせ、マニュアルも定期的にアップデートしております。

だからこそ、“アフターサービス”まで
抜かりなく徹底したという想いが物凄く強いわけです。


あなたからという貴重な時間を
私の手法に託していただくからには、
私もあなたの参加期間中はを切らしてはなりません。


まずは、当プログラムに安心感をもってご参加いただき
途中で断念されてしまうような方を出さないためにも
“質”の高さにこだわったサポートをご用意致しました。



この業界では、未だに購入後のサポートをきちんとしない業者がいるようです。

これは、例え公開する手法が優良なものだからといって許される行為ではないと思います。


そもそも、その手法を手にし実際にコンテンツの内容を確認して
そこから疑問が浮かびアドバイスを求めるものです。

つまり、この疑問をすっきり解消させないことには
正確に理解することもできなければその先に成長もありません。



だからこそ、私の中では実践最中のサポート面をかなり重要視しています。


メールサポート期間が長いということだけで、
安心感を感じるのは本来間違った解釈であり、
重要なのは期間ではなくどれだけあなたが抱える不安や疑問を
正確に理解し“質”の高いアドバイスを受けられるかという点を
最優先に考えるべきではないでしょうか。


私が実践者様の立場であれば間違いなくそう考えます。

従って、当プログラムでは無駄なサポート期間は設けません。


中には、サポート期間が長いことで気が緩みがちな方も出てくるでしょうし、
決められた期間の中で結果を出してもらう(稼いでもらう)ことを目標に定めた
当プログラムの趣旨が崩れてしまうことにもなるので、
そういった現象を避けるためにも決定したサポート期間となります。

実践開始後、45日間お互いが集中力を切らすことなく
当プログラムを進行していていくことができればと思います。







上杉流 30日間育成トレーニングメソッド 実践者1400名突破!!

2016年6月募集:先着30名様⇒残り2名様



あなたが手にするほんの一部の資金を、
30日間で数倍、数十倍にするという目標とその目標を達成するために
考えつくされたシンプルで尚且つ低リスクで目標を達成できる
プログラムと考えた際に、おそらく高額な参加費用を予想されることでしょう。


しかし、これまでにもご説明したように
私は今回のプログラムの参加費用を自らの利益・収益にしようなんて考えは一切なく

まずはあたなに稼いでもらい
フェアで対等な付き合いからより多くの情報交換(共有)を行い
そこから大きな利益を得たいというのが本来の目的なのです。


だからこそ、プログラムへの参加基準のハードルを
極限まで低くしようと考えました。


このプログラムを一人でも多くの方に知っていただく為には、
募集情報を可能な限り広げていく必要があります。


そのためには、アフィリエイターの協力なしでは達成できません。


そういった考えから..

当プログラムの情報をより多くのアフィリエイターに
広げていただく為に必要な経費(報酬)と、


当プログラムを実施することによって30日という期間を
参加者様のことを最優先に考え時間の確保をすることによって
サポートに徹することによる労力を考えたうえでの最低経費。



私は、この2つにかかる最低経費をカバーできれば良いという考えなので
今回の“上杉流 30日間育成トレーニングメソッド”への参加費用は29,800円とします。


もし私に、このプログラムを通じて将来的な目的がなければ
300,000円の参加費用をとっても良いくらいだと思っています。

私が公開する手法をマスターしてしまえば、
300,000円の参加費用を支払ったとしても回収に一ヶ月も必要ないわけですからね。



つまり今回の価格設定は、
私の立場から考えた場合でも“先行投資”と言えるのではないでしょうか。


むしろ、プログラム参加者様以上のリスクを抱えたうえで
募集をスタートするという認識の方がかなり強いです。



そんな私の真剣な想いを最後にご確認ください。



これまでの私の経験をもとにした話になってしまいますが、
これは投資に限らず、どの分野でもお金稼ぎに挑戦し
途中で挫折してしまう方、失敗を繰り返してしまうような方などに
必ず共通する点があるのです。


それは、

『稼ぐことを望みながらながらも初期投資をはじめとする
先行するリスク的要素を恐れ避けたがる』


という体質にあるという点です。


はっきり言って、この体質から抜け出せないことには
いつまで経っても稼げないままだと思います。

ただそう言いながらも、
そんな方たちの心理状態が痛いほど分かるのです。


これまでに悪質な情報に振り回されるような経験がなければ
数万円の初期投資を恐れるなんて心理状態にはならずに済んだはずです。


冷静に考えれば、月に数十万円稼げるような手法を
僅か数万円で自分の物にできると考えればお手頃な買い物なわけですからね。


そこで私は考えました。


例えどれだけ不利な状況に立たされている方であろうと、
恐怖感を持たずに済む環境で当プログラムに参加して頂きたいと...。




そこでご用意した、
この保証内容こそが当プログラムの価値を証明する証です。




当プログラムの募集開始初期の段階から、
この募集ページをご覧いただいたことがある方であれば
すでにお気付きのことかと思いますが..

前回の募集打ち切りまでに設定されていた“返金保証”の内容から
今回は更にバージョンアップした形になります。




と言いますのも...


前回までは↓↓

30日間の実践で、あなたの月間平均勝率が57%を下回った場合、
プログラムの参加費用全額(購入代金全額)をご返金致します。

といった内容の保証内容でした。


そんな中、今回の再募集に関しては
プログラム募集期間中に募った200名様分の実績データも揃ったことによって
更に私も自信を付けることができました。



プログラム募集開始から現在までの過程を経て
更にリスクを軽減した形でプログラムにご参加いただくための
環境をご提供できないかという考えに至ったわけです。


そこで考え抜いた結果、
月間平均勝率57%から月間平均勝率60%への引き上げを決断しました。





今現在、私が持つ“知識と経験”
全てを注ぎ込んだこのプログラムから私の想いを感じ取って頂ければ幸いです。



どうか、失敗を恐れないでください。

前に進むことを止めてしまえば、全てそこで終わりです。



自分自身の可能性を信じ、自分の進む道に自信をもってください。


それでは、マニュアルとサポートをきっかけに、
将来的にはあなたとお会いできることを願っております。


上杉流 30日間育成トレーニングメソッド 実践者1400名突破!!

2016年6月募集:先着30名様⇒残り2名様

上杉流 30日間育成トレーニングメソッド 実践者1400名突破!!

2016年6月募集:先着30名様⇒残り2名様

【※返金保証基準に該当した場合の返金手順について】

返金保証内容に該当することがあった場合は、
30日間実践されたことを証明する取引履歴(取引日が確認できるもの)をご提示ください。
1日あたりの最低取引回数を10取引とし計30日分(計300取引分)の取引履歴を
証明する取引データを添付のうえメールにてご申請ください。
(購入日より45日以内とさせていただきます)

【※投資に係るリスクおよび手数料について】

投資に関わるリスクと手数料につきまして、当サイトは投資行為に関する情報提供を目的としたものですが、
当サイトで提供している情報の内容の完全性、正確性、有効性等を保証するものではありません。
投資行動には上記でも説明してあるとおり一定のリスクが存在します。
最終的な投資の意思決定は、お客様ご自身の判断で行なっていただきますようお願い申し上げます。

特定商取引法に関する表記